薄毛が気になる方はタバコは厳禁、ただし…

タバコは身体によくないということは一般常識になっていますが、薄毛には関係があるのでしょうか?あるとしたらどのような影響名のでしょうか?

20130317184019

ニコチンとは?

タバコに含まれる成分の中でも一番有名なのがニコチンです。ニコチンという物質はアルカロイドという有毒物質の一種です。即効性の高い神経毒性を持っています。そして強い依存性も持っています。

頭皮への影響は?

ニコチンは血管を収縮させてしまうので血流が悪くなります。血管にもダメージを与え、さらに体温を低下させます。そのために代謝が悪くなり、発毛を阻害します。

抜け毛が増える?

ニコチンによって血流が悪くなると頭皮に栄養がいきわたらなくなります。そのため毛根が痩せてしまい、結果抜け毛が増えてしまうのです。

ニコチンによるビタミン不足

ビタミンには栄養の吸収を促進して血の循環を良くする働きがあります。このビタミンをニコチンが壊してしてしまうので、毛根に栄養が行き届かなくなる一因となります。

ジヒドロテストステロンを増加させます。

タバコを吸うことによってアンドロステンジオンやジヒドロテストステロンなどの男性ホルモンが増加します。男性ホルモンが増加するということは頭髪の抜け毛が増えることにつながります。

AGAのかたは特に注意が必要です

タバコを吸うと男性ホルモンが増加します。男性ホルモンが増加するということはAGAの原因となるジヒドロテストステロンも増加し、抜け毛が増えてしまいます。

禁煙すれば薄毛は治るのですか?

一度薄毛になってしまうとタバコをやめたとしても元の毛髪量に戻ることは難しいようです。薄くなる前に辞めることをお勧めします。

やはり影響はあるようです

人によって体質が違うので一概には言えませんが、抜け毛を増加させる効果があるようです。
かといって、すぐにはやめられないので喫煙はほどほどにしましょう。

コメントを残す