食生活と育毛の間には深い関連性があった!

育毛発毛と食事、無関係ではないけれど改善することで効果があるとは考えにくいのではないでしょうか。ですが病気やダイエットで食事を摂れない、取らない状態になると抜け毛がひどくなります。これとは逆に食べることで発毛、育毛につながることもあるのです。

pic_f056

現代人は栄養不足

コンビニやファーストフードなどの外食の多い現代人の体は栄養バランスが崩れがちです。バランスよく食べているつもりでもビタミンやミネラルなど何らかの栄養素が不足しているといわれています。

中年の男性には栄養不足が目立ちます

30歳~50歳の男性は死後手で重要なポストについていることが多く食事の時間が不規則になりがちです。また食事の内容も外食が多くなっています。

栄養不足はストレスを招く

身体に必要な栄養素の中でもビタミンやミネラルの不足はストレスが感じやすくなります。ビタミンには神経系を落ち着かせる働きがあり、ミネラルには神経や筋肉が働くためには欠かせない存在なのです。

食事は一日三回を基本に

一日の食事の回数は多くても少なくても体に脂肪を蓄える結果になります。一日三回の食事が理想です。

髪と頭皮に悪影響?

塩分の多い食品は高血圧や腎機能の低下の原因になります。血流を悪くすることにも繋がってしまいます。糖分を多く含む食品は皮脂の過剰分泌の原因になるので摂りすぎには注意しましょう。そのほかにも刺激物や動物性脂肪を多く含む食品は毛穴を詰まらせる原因になりがちです。

髪にいい食べ物は?

たんぱく質を多く含む卵、DHAやオメガ3肪酸を多く含む青魚、αリノレン酸yビタミンを多く含むクルミ、豊富なカルシウムを含むヨーグルトなどなど色々な食品があります。

実は基本が役にたちます

バランスの良い食事というと難しいのですが厚生労働省の食事バランスガイドが参考になるのではないかと思います。

生活習慣の見直しを

1日3食をバランスよく食べて髪にしっかりと栄養を送ることが育毛にとても役立ちます。薄毛に悩むのならまずは生活習慣を見直しましょう。

コメントを残す