運動不足は抜け毛の元

本当に関係があるのでしょうか?大人になると仕事や付き合いに追われて運動からは遠ざかってしまう人も多いはずです。ですが運動と抜け毛は無関係ではなくしっかりと結びついているのです。

pic_g004

血液の流れ

血液は心臓によって足などに送られていきます。ですが心臓には送り出す機能はあっても引き戻す機能はありません。心臓に血液を戻すのは手や足などの全身の筋肉の役割なのです。手や足の筋肉はウォーキングなどで筋肉を動かすことによって効率よく心臓へと血を送り返すことができるのです。

動かなければ頭皮もむくむ?

立ち仕事でもすわり仕事でもずっと同じ姿勢でいると手足がむくむことがあります。それは血液やリンパの流れが滞り、水分が停滞することでむくんでしまっています。そしてそれは頭皮でも同じ現象が起こります。

頭皮がむくむと抜け毛が増えます

頭皮は手足と違い見た目では何も変わりません。ですが確実に血流が悪くなっていき、毛根に血が行き届かなくなります。その結果毛根が栄養不足になり、抜け毛の増加につながります。

副交感神経と運動

運動をすることでストレスが軽減され副交感神経の働きを活発にします。髪の毛は眠っている間に作られるので副交感神経が活発になることで深い眠りにつくことは発毛と育毛を助けることになるのです。

運動でストレス解消を

ストレスは血流を悪くするだけでなく、栄養の吸収を妨げ、副交感神経のはたきを阻害するなど薄毛の原因になります。ウォーキングやジョギングなどの適度な運動でストレスを発散させることは頭皮や毛髪にとってもいい効果が表れます。

運動、男女の差

男性は女性に比べると運動不足である、というアンケート結果があります。女性の方が美容や健康のために習慣的に体を動かす人が多いようです。

習慣的な運動を

運動の内容や運動する時間ももちろん大切ですが、その運動を習慣として継続することが大切です。少しずつでもいいので身体の負担にならない程度に習慣的に運動をすることを心がけてください

コメントを残す