遺伝による薄毛って本当にあるの?

遺伝は本当?親が薄かったのだから自分も薄くなる、おじいちゃんが薄かったからお父さんは薄くなくても自分は薄い、そんな話を聞いたことはないでしょうか。
薄毛は遺伝するというのは一般常識になってしまっているかとは思います。ですが本当に遺伝するのでしょうか?

pic_g127

秘密は染色体にありました。

ドイツ大学で薄毛になるかどうかを決める染色体が発見された、というニュースがありましたX染色体にある男性ホルモンの一種が関係しているとのことです。この男性ホルモンはアンドロゲンといいますが、この発問が強く作用すると髪が抜けやすくなるのです。

もう一つの遺伝的要素

ドイツで発見されたアンドロゲン以外に5αリダクターゼ活性があります。これは活性酵素です。この酵素が男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンという活性型の男性ホルモンに変化させます。ジヒドロテストステロンには体毛を濃くするのと同時に頭髪を薄くする働きがあります。

お父さんの薄毛は遺伝するのか?

X染色体のホルモンが薄毛の原因とするのなら父親の薄毛は関係がないことになります。X染色体は母親からしか受け継がれないのです。しかし、必ず受け継がれるものではないので長男、次男は薄くても三男は薄くない、ということもあります。
しかし、5αリダクターゼ活性は優性遺伝で受け継がれます。そのため父親か母親のどちらかが5αリダクターゼ活性を持っていた場合は子供にも受け継がれ、酵素の働きが現れる、ということになります。

家系的にみて薄毛が多い

薄毛に遺伝子が関係している以上は避けられないことなのでしょう。ですが遺伝性の薄毛の発症率は25%程度だとする研究データがあります。25%というのは決して低い数字ではありませんが高いとも言えない数字なのではないのでしょうか。

必ず薄毛になるとは限らない

遺伝的に薄毛を引き起こす要因はあります。しかし遺伝したからと言って必ずしも薄毛になるとは限りません。5αリダクターゼ活性も遺伝したからと言って必ずこの酵素が正常に働くわけではないのですべての人が薄毛になるとは限りません。逆に遺伝的な要因がなくとも環境的な問題で薄毛になることもあるので知識程度に気に留めておけばよいのではないのでしょうか。

コメントを残す