ストレスと抜け毛の関連性に関する考察

ストレスは体全体を狂わせてしまいます。強いストレスを受けると体の具合が悪くなる方は多いと思われます。ストレスは血行不良や自律神経失調症などあらゆる体調変化が現れます。

pic_g056

ストレスは体を固くします

ストレスを受けると肩がこるということがありますが同じように頭皮も固くなります。それにより頭皮の血流が悪くなり、毛髪に酸素や栄養が行き届かなくなることが抜け毛の原因となります。

睡眠不足も薄毛の原因です

髪の毛を育ててくれる副交感神経は夜の睡眠中に活動します。ストレスを受けるとこの副交感神経の働きが弱まり不眠になったり眠りが浅くなったりします。そのため不眠は薄毛の原因になるのです。

髪のダメージもストレスのせい?

髪のダメージを回復するのにも副交感神経は重要な役割を果たしてくれます。副交感神経が活発に働くことで成長ホルモンが大量に分泌されます。成長ホルモンは髪の分泌に重要な役割を果たします。

副交感神経の働き

副交感神経が活発に働くと頭皮の血行が良くなります。血行が良くなると髪の毛を支える毛根に栄養がきちんと届けられ、毛根の働きが活発になります。届いた栄養は発毛や育毛に使われます。副交感神経が活発に活動できるためには規則正しい眠りが必要になるのです。

円形脱毛症はストレスが原因?

ストレスが原因といわれている薄毛に円形脱毛症があります。ですが現在では研究結果から精神的なストレスは誘因の1つであって直接的な原因の一つではないと考えられています。近親者に円形脱毛症の方がいると発症しやすく、ストレスよりも遺伝的な問題ではないかといわれています。

髪の健康のためには内臓器官も大切です

髪に栄養を届けるためにはバランスの良い食事を摂り、それを消化吸収することが必要になります。しかしストレスは消化器官の機能も低下させます。その結果、薄毛や抜け毛の増加につながってしまうのです。

ストレスとうまく付き合うためには

食事には食べることでストレスを発散させる効果があります。しかし暴飲暴食は体に新しいストレスを与えます。適度な量の栄養バランスの良い食事を摂ることを心がけましょう。そして、適度な運動はストレス解消には最適です。体に負担にならないよう、気持ちがいいと感じられる程度の適度な運動を心がけましょう。規則正しい生活を送るだけでも体へのストレスは減ります。ストレスとうまく付き合って薄毛を予防しましょう。

コメントを残す